熊谷名物「フライ」

熊谷市の名物に「フライ」があります。
フライといえばエビフライなど油で揚げたものを想像するかもしれませんがそうではありません。
熊谷のフライとは小麦粉を使用した食べ物の事で野菜、肉などをまぜた「お好み焼き」に近い外見をしています。
熊谷地方では昔から庶民的な名物料理として知られており焼きそばとセットにして食べるのが一般的です。

 

お好み焼きよりも手軽に食べる事が出来、地域によって具も若干の差があるのも特徴です。
また、お店によって焼き具合やソースの味加減も変わるのでそこがお店の腕の見せ所となっています。
フライを定番メニューとしている食堂も少なくありません。
昔はフライは駄菓子屋で作られており庶民のおやつとして愛されていました。
今で言うところのファーストフードのような存在だったのです。
フライがいつ、どこで作られるようになったのかは不明なのですが現在では地元民以外にも観光客などからも熱い支持を受けているのです。